• 開催概要

    近年、国内外でIPCの基準が要求される中、IPC本部からゲストスピーカーを招き、グローバル車載市場におけるIPCの動向や事例を紹介。1日だけの特別セミナー。他では入手できない貴重な情報を提供します。

     

    ・グローバルメーカーが頭を悩ませていた、「Internal standard obesity(社内規格の肥大化)」とは?

    ・また、その改善へ向けてIPCと車載メーカーがどう取り組んでいるか?

    開催日時:2017年6月20日(火) 12:45~受付開始、13:30-16:30

    会 場 :JPタワー名古屋ホール&カンファレンス3階、 カンファレンスルームA (アクセスはこちら)

    対 象 :自動車関連企業の品質管理、生産管理、生産技術、開発・設計、経営企画

    定 員 :60名限定

    開催目的:近年、国内外でその影響力を増しており、その範囲はグローバル車載分野にも及んでいる。本セミナーを通じ、IPCの概要とグローバルメーカーにおける導入傾向や車載特定基準を理解する。

    13:30-14:30

    (仮)IPCとグローバル車載市場 (*同時通訳有)

    ディレクター, テクノロジートランスファー Chris Jorgensen様、(IPC)

     

    IECのIPC代表委員として札幌での春季大会に参加、初来日。本セミナーでは、サプライチェーンのトレーサビリティに関する基準、IPCが推進する車載向け追加基準などを講演予定。

    また、グローバル企業でも課題となっていた、Internal standard obesity(社内規格の肥大化)に対し、IPCがどのように貢献したかなど、他では聞けないグローバル市場の動向を紹介。

    14:45-15:30

    (仮)車載市場とIPC

    顧問・IPCアンバサダージャパン、武井利泰、(株)ジャパンユニックス

    日本精工(株)、沖電気工業(株)にてIPCの導入を推進し、長年、車載分野における品質管理を経験。昨年、10月にNSKを退職し、ジャパンユニックス顧問・IPCアンバサダーに就任。以来、過去の実務経験と知見、20年間のIPC委員としての経験を活かし、日本におけるIPCの普及活動に尽力している。

    15:30-15:45

    IPCトレーニングの紹介

    IPCマスター、千葉達也、(株)ジャパンユニックス

    旧NEC宮城、セレスティカジャパンにおいて、生産技術や品質管理業務の経験後、国内唯一のIPCマスタートレーナーとして、17年を超えるIPC-A-610のトレーニングを実施、本年4月よりジャパンユニックスのIPCマスターに就任。本講演では、IPCトレーニングを紹介予定。

    16:00-16:30

    IPCマスターに聞いてみよう(質疑応答・退席自由)

    Chris Jorgensen様(IPC)、武井利泰(ジャパンユニックス)、千葉達也(ジャパンユニックス)

    普段なかなか聞くことが出来ない、IPCについての様々な疑問や質問など、この機会にIPCのエキスパートに直接質問。

  • お申し込みは、こちら

    5月より、お申し込み受付開始予定。

    セミナーの申込受付まで、今しばらくお待ちください。

  • グローバル化対応への鍵。

    世界のエレクトロニクス産業が、採用し認めるIPCの認証資格

    オンライントレーニングで、いつでも、どこでも国際規格を学習。

    IPCの公認オンライントレーニング&認証資格。

    ネプコンジャパンにて無料体験コーナー!

  • IPC-A-610 電子組立品の許容基準

    2つの認証レベル

    IPC認証スペシャリスト (CIS)

    実際のラインや現場にて、組立品や受け入れ品の良否判定を行うオペレーター向け認証資格。作業手順書または、契約書で定められたIPCクラスに応じて、トレーニングで学んだ基準を元にし判定を行う。必要なテーマを選択し受講することも可能。

    ※オンラインで、新規受講・受験が可

    CISお勧めの方

     

    ・実際のラインや現場にて、組立品や受け入れ品の良否判定を行う方

    ・顧客が指定するIPCクラスをもとに、判定や判断を行う方

    ・現場の作業者や特定工程の品質管理者

    ・新人社員の基礎教育など

    IPC認証トレーナー (CIT)

    IPC公認のトレーナー資格で、自社内にて、左記スペシャリストの育成が許可されたトレーナー資格。CITと呼ばれ、年間でCIS育成の規定数が求められる場合もある。全セクションの受講とインストラクター基礎を受講する必要がある。

    ※オンラインでは、更新のみ可

    CITお勧めの方

    ・自社内にて、認証IPCスペシャリスト(CIS)の育成を目指す方

    ・IPC公認トレーナー資格となります

    ・CIS認定資格者育成の教育を社内で実施したい方

    ・現場の教育担当者や品質基準の決定責任者に最適

  • ビデオ講義サンプル

    IPC-A-610F Online training

    講師プロフィール : クリスロバートソン

    25年を超えるエレクトロニクス産業における経験を基にIPCのチーフトレーナーとして、グローバルでトレーニングの実施のみならず、各国際規格団体や政府関連部門へのトレーニングも実施している。

     

    クリスは、モトローラ社、BOSE、USロボティックなどの企業にてプロセスエンジニアリングとして活躍し、IPCのマスタートレーナーとして指名された。

     

    その後、15年を超えるインストラクターとしてエレクトロニクス業界において、彼のユニークで独特な教育と業界経験は、IPCのトレーニングクラスの中でも、最も評価の高い1つとして世界中で受け入れられている。

     

    他には無い、IPC独自のコンテンツと、クリスの実体験を交えたクラスは、楽しく、有用な知識を向上しIPC標準のより深い理解を可能とします。

  • SOCIAL NETWORK

    様々な自動はんだ付に関する最新情報を掲載しています。